So-net無料ブログ作成

直接払い、10年度末まで実施猶予=出産一時金、医療機関に配慮−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は12日、出産費用を公的医療保険から医療機関に直接支払う「出産育児一時金」の新制度について、対応が困難な医療機関は2010年度末まで実施を猶予すると発表した。医療機関の資金繰り悪化に配慮するためで、厚労省は4月からの全面実施を予定していた。11年度以降については、制度存続の可否も含め検討する。
 新制度は、妊婦が出産費用を立て替えずに済むよう、出産育児一時金42万円が医療機関に直接支払われるもので、当初は昨年10月全面実施の予定だった。しかし、支払いが出産後1〜2カ月かかることから、中小医療機関の不満が噴出し、実施が半年間猶予された。 

【関連ニュース】
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
インフル患者、減少続く=週推計7万人
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
自殺対策でキャンペーン=福島担当相

<車衝突>2人けが パトカー追跡 群馬(毎日新聞)
昔の民主党よりずっと高い…支持率続落で小沢氏(読売新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
<佐賀人違い射殺>無期懲役確定へ 最高裁決定(毎日新聞)
<掘り出しニュース>姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か(毎日新聞)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。