So-net無料ブログ作成
検索選択

<携帯電話>在来線トンネルでは99%つながらず エリア報告書公表(毎日新聞)

 総務省は21日、携帯電話がつながらない不感地帯を調べた携帯電話エリア整備推進検討会の報告書を公表した。鉄道トンネル内の未整備が目立ち、新幹線ではトンネルの総延長の73%にあたる約580キロ、在来線では99%にあたる約1499キロに上った。そのうえで、つながるように整備した場合のコストについて、新幹線では696億円、在来線では1499億円にのぼると試算した。

【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(読売新聞)
内科副部長、盗撮容疑で逮捕=専門学校生のスカート内―広島(時事通信)
刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)

農家への経営支援など指示=口蹄疫対策本部初会合で鳩山首相(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、政府は17日夕、首相官邸で、鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」の初会合を開いた。鳩山由紀夫首相は冒頭、「拡大が大変懸念される。危機管理上、重大な課題だ」と強調。防疫措置に万全を期すことや、発生農家への経営支援策など4項目を指示した。
 会合では、地元自治体との連携強化とともに、政府を挙げて口蹄疫の感染拡大防止や被害農家への支援などに取り組んでいく方針を確認する見通し。
 対策本部は、全閣僚を構成メンバーとし、赤松広隆農林水産相と平野博文官房長官が副本部長となる見込み。幹線道路での消毒強化といった感染拡大防止策のほか、被害農家支援のために家畜伝染病予防法の改正や特別措置法の必要性などを議論するとみられる。 

【関連ニュース
〔写真ニュース〕「友愛ボート」参加者を激励=鳩山首相
口蹄疫対策本部が初会合=宮崎の被害拡大で
「友愛ボート」参加者を激励=鳩山首相
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討
鳩山首相の沖縄再訪「意味がない」=稲嶺名護市長

「肩代わり法案」参院厚労委で可決−12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
<データ誤消去>別の証拠も判読不能 福島地裁郡山支部(毎日新聞)
値引き要求防止で通知=コメ戸別補償めぐり―農水省(時事通信)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)

電気自動車など 電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)

 ハイブリッド車や電気自動車の走行音が静か過ぎるため、歩行者が接近に気付かない危険性がある問題で、国土交通省は10日、電子音を出す対策を施した自動車の体験会を東京都小金井市の尾久自動車学校で開いた。

【写真で見る】三菱の電気自動車 i−MiEV

 視覚障害者やメーカー関係者など約130人が参加。ハイブリッド車のトヨタ・プリウス、電気自動車の三菱・i−MiEV、日産の試作車の3台が、停止や発進、ガソリン車の後ろを走行した場合などに音がどう聞こえるかを比較した。電子音は加速と共に変化し「モーターやインバーターを模した和音で、音量はガソリン車と同等レベルを確保した」(トヨタ)という。

 参加した日本盲人会連合の笹川吉彦会長は「音は確認できたが、実際の道路では聞き取りにくいと思う」。千葉県船橋市のマッサージ治療院経営、松川正則さん(54)は「今回の音量では気付きにくい。周波数が高いと分かりにくく、工夫が必要」と指摘した。

 3社とも「できるだけ早く製品化したい」としている。国交省は装着義務化に向け、音量などの基準作りを進める方針。【平井桂月】

【関連ニュース
【写真で見る】量産も間近 日産の電気自動車 リーフ
【写真で見る】ハイブリッドといえば トヨタ プリウス
【写真で見る】ホンダのハイブリッド インサイト
【写真で見る】ホンダのハイブリッドスポーツ CR−Z

年金制度改革に意欲=舛添氏(時事通信)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部(産経新聞)
沖縄入り遅すぎた…首相に与党も厳しい評価(読売新聞)
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢−警視庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。